のぼり旗にイラストを配置するメリット・デメリット

のぼり旗にはイラストを入れることもできますが、
実際にイラストを入れる場合にはメリットとデメリットを
知っておいた方がいいでしょう。メリットを考える

まずメリットですが、イラストを入れることによって
人目を惹きやすくなります。

例えばパチンコ屋ののぼり旗にはよくパチンコの題材になっている
キャラクターのイラストが入っていることがありますが
そのキャラに興味のある人からの注目は得られや少なります。

文字は遠くからは確認できなくても絵などの場合は遠くからでも
確認しやすいのです。

車に乗っている人からも認識してもらいたい場合にもいいでしょう。

逆にイラストをのぼり旗に入れるデメリットもあります。
のぼり旗は基本的に使う色が多ければ多いほど製作料金が
高くなりますので、イラストを入れると多くの色を使うため
高くなる傾向があります。

インクジェットのフルカラー印刷にする方法もありますが、
こちらは少量の場合はお得なのですが大量に作るとなると
かなりコストがかかります。イラストを入れる

またイラストを入れる事によって文字を入れるスペースが
少なくなるのもデメリットです。

文字を主張したい場合にはあまり向かないでしょう。
のぼり旗で何を主張したいのかによってイラストを
入れるかどうかを決めてください。

あまり複雑なものになると認識しにくくなるので
できるだけ単純なものにするといいでしょう。

あと著作権の関係もありますので必ずオリジナル絵柄のものか
許可を取ったものを入れるようにしてください。

見えにくいのぼり旗を作らないために知っておきたい配色のNG

お店や商品を宣伝していく時には、オリジナルののぼり旗を
作成して宣伝していくと良いものですが、この時に注意して
おきたいのが、デザインの配色です。

オリジナルののぼり旗を作成する時には、複数の色を
組み合わせるのが一般的ですが、配色を誤ると
見づらくなってしまうのです。既製のぼり

見づらくなってしまったら、
宣伝をするという目的を
達成できなくなりますから、
十分注意しておきたいところです。

なお、実際にどういった配色だと
内容が見えにくいのかというと、
赤と青の組み合わせというのは
良くありません。

組み合わせてみると良くわかりますが、目に負担がかかって
長く見ていたくなくなってしまうものです。

これではまともに宣伝できませんから、避けておいた方が
良い配色だと言えるでしょう。

赤や青が好きで、オリジナルののぼり旗を作成する時に
採用したいと考えている人は、他の色と組み合わせると良いものです。

赤は白や黄色と相性が良いですし、青も白と黄色との相性が良いです。

ちなみに、上手な色選びをするためには、配色に関する
知識を増やすと良いものです。何を伝えたいのか考える

面倒くさいと思う人もいるでしょうが、簡単にできる方法があります。

それが、のぼり旗の既製品をチェックするという方法です。
のぼり旗の既製品をチェックしてみると、インパクトのある
デザインののぼり旗を見ることができます。

どれも配色がうまく、見やすくてインパクトがある
デザインになっていますから、オリジナルのデザインを
考える時の参考になるものです。

読みやすいことが大事!視認性の高いのぼり旗とは

のぼり旗というのは、お店や商品の宣伝によく使うアイテムですが、
宣伝をするのですから、視認性というものが大事になってきます。

つまり、読みやすいものでなければ意味がないわけです。色合いのバランス

せっかく人の目にとまったとしても、読みやすいデザインでないと、
よく内容を読んでもらうことができませんから、宣伝効果が
不十分になってしまいます。

これでは、せっかくのぼり旗を用意して設置してもムダですから、
オリジナルののぼり旗を作成する時には、読みやすいデザインというのを
心がけることが大切と言えます。

では、読みやすいデザインとは一体どういったものなのかというと、
ポイントの1つとなるのは色の組み合わせです。

色には相性というものがあります。
ですから、相性が良い色でのぼり旗を作成すれば、視認性がアップし、
読みやすくなるわけです。読みやすい

よくあるのは、白と赤、もしくは黄と赤の組み合わせで、
明るくてとても目立ちます。

これなら、高い宣伝効果が期待できることでしょう。
そして、もう1つ気にしておきたい大事なポイントが
文字の大きさです。

のぼり旗にインパクトのある言葉を目一杯印刷すれば、
よく目立って遠くからも読めるようになります。

細かな字で長々と印刷すると読みにくくなりますから、
注意しておきたいところです。

ただし、メインの言葉の横にサブの言葉を入れておくぐらいは問題ありません。
魅力的な宣伝文句を入れることで、より効果が増すこともあるものです。